夫婦円満 すると良いこと

夫婦円満のためにすると良いことについて

今回は夫婦円満でいるためにすると良いことについて書いていきたいと思います。

まずは、家事や子育てを手伝い協力することだと思います。 昔は、全て「女がするもの」でしたが、現在は変わって協力するのが普通になってきています。奥さんからしたら、協力してもらえるとすごく助かります。 家事を夫婦で分担したりするのもいいと思います。

旦那さんが出来ることは、旦那さんに任せることで、奥さんの負担を減らすことも出来ます。 どのように分担するかは、夫婦で話あい決めると良いと思います。 例えば、ゴミ捨てとお風呂掃除は旦那さんにやってもらうなどです。

また同じことを趣味に持つこともいいと思います。何かお互いが好きになれそうなことを探して、同じことを趣味にすれば、話題が出来ますし、その趣味を一緒に楽しむことも出来るのです。お互いが好きになりそうな趣味がない場合は、共通点を見つけるだけでもいいと思います。例えば、同じテレビ番組が好きや好きな食べ物が一緒などの共通点があるだけでも違うと思います。

そして寝る時は、同じ部屋にしましょう。 寝る時の部屋を別々にして寝ている夫婦もいるようですが、同じ部屋に寝るようにした方が上手くいくようです。 もしどちらかが、仕事や飲み会で帰るのが遅くなってしまっても、同じ部屋だと帰りが遅くても寝る時に相手の顔を見ることが出来ます。 また相手の寝顔を見るというのも良いことだと思います。

そしてたまには自分の時間を作るようにしましょう。 夫婦で同じ家に住んでいると、自分の時間を作ることが出来なくなってしまいます。なのでたまに自分の時間を作るようにすると良いと思います。自分が中心になってしまうとうまくはいきませんが、たまに自分の時間を作るのであれば、逆にうまくいくと思います。 たまに1人の時間を楽しむことも、結婚生活ではすごく大切だと思います。 そして1人の時間の時には、相手は邪魔をしないで1人の時間を楽しませてあげましょう。 邪魔をしてしまうと逆に関係が悪化してしまうかもしれません。

不満がある時やトラブルを起きた時は、そのたびに話し合いましょう。 毎日一緒にいるのだから不満やタラブルが起きるのが当たり前だと思います。不満やトラブルが起きた時に喧嘩をしないでうまくやっていきたいからといって話し合いをしないと、結果不満が溜まってしまい、うまくいかなくなる可能性があるので、そのたびにしっかり反し合うことでうまくやっていけると思います。

記念日は忘れずにしっかり祝うようにすることも大切です。 結婚記念日や付き合った記念日などを忘れずにしっかり祝うようにすると、記念日だから喧嘩はしないようにと考えるようになると思いますし、2人で祝うことで絆を深めたり、不仲になりかけた関係も修復出来るかもしれません。

そしてしっかりと言葉にすることもすごく大切です。 「親しき中にも礼儀あり」という言葉がありますが、この言葉は夫婦にも言えることです。 男性は、初めはしっかり言葉にしてくれますが徐々に言葉にすることがなくなってきますが、それを改善していくだけでも、夫婦仲が変わってくると思います。

何かをしてもらった後は、「ありがとう」と言えば、やってよかったと思いますし、また喜んでもらえるために頑張ろうと思うのです。

悪いことをいた時などは、自分からしっかり謝るようにするといいでしょう。言葉はすごく大切で、「言わなくてもわかっているから大丈夫だろう」と思う人がいるかもしれませんが、言葉にしなければわからないことがたくさんあります。

なのでしっかり言葉にして、相手に伝えましょう。そうすれば、うまくいくはずです。

そして小さいことでもしっかり相手のことを思いやり気にかけるようにしましょう。初めは相手のことを1番に考え、相手のことを考えて行動をしていると思いますが、長く一緒にいると、相手のことを考えることが減ってしまうのです。 うまくやっていくには、やはり相手のことを考えてあげなくてはうまくいくわがありません。

小さいことでも、思いやり気にしているだけで、新たな発見があるかもしれません。お互いがお互いのことをしっかり思っていれば、今までと違ってくると思いますし、関係が良好になるかもしれません。

そして気にかけてあげていれば、いざ何かで悩んでいる時に気づくことができると思います。その時は、触れてほしくなさそうな時はあまり話しかけず放っておいてあげましょう。触れてほしくない時に話しかけてしまうと、嫌がられてしまう可能性がありますので気をつけてください。 逆の場合の時は、「何悩んでいるの?」と話しかけるのではなく、さりげなく「なんかあった?」と聞いてあげた方がいいと思いますし、そうすることで相手が話しやすくなると思います。 話を聞いて自分が出来ることがあるなら、してあげるといいかもしれません。

このようなことをしていると、夫婦円満でいられると思います。 そしてもし不仲になりかけていても少しは関係が修復出来るかもしれません。

↑ PAGE TOP